ローンの組み方

打ち合わせする男女

住宅ローンを滞納した場合は、比較的高値で売れて、転居資金も確保出来る任意売却がお勧めです。滞納をあまり続けていると競売となり、安値で売却せざるを得なくなりますので、早めに弁護士や専門業者に依頼して、手を打つようにしましょう。

Read more

購入前に

茶色い一戸建て

住宅の買い物というものは大金が必要となります。住宅ローンを利用することも可能ですが、その前にしっかりと返済計画を立ててから利用をしましょう。その為には、家族との相談が必要となります。

Read more

もしものときには

2つのマンション

住宅を購入するときに、住宅ローンを利用する人がいるでしょう。そういった住宅ローンを滞納するときには、最悪の場合、競売に掛けられる恐れもあります。もしものときには、専門業者に依頼をしましょう。

Read more

模型の家

無理のない方法を

一万円札

今は建売の一戸建て、分譲マンションなど多くの家の物件があり、 家を購入される方も多いでしょう。 一戸建てやマンションを購入しても、頭金0円で月々の住宅ローンのみという うたい文句が多くでてきます。 ある意味、頭金が少なくても家は購入できますが、 あとあと支払いが苦しくなって、住宅ローンを滞納するなどのことが 無いように計画を立てましょう。 住宅ローンには月々の支払いが必要です。月々の支払いを少なくするには、 住宅ローンを多く借りないか、ボーナス払いを併用する方法になります。 ボーナス払いを使うと、月々の支払い金額は減りますが 年2回ボーナス月に支払いが増えてしまいます。 昔であれば、会社員のお給料が減るということは そうそうありませんでしたが、今はボーナスが減ることも多いですので 注意が必要です。

評価制度を導入している会社では、半年に一度程度 人事評価をされることがあります。 その査定によって、ボーナスの額が決まる場合が多いです。 今は昔の年功序列式ではなく、成果によって処遇をきめることが多く 会社員で働いていると、その年は成果が出なかったりなどで ボーナスが激減することがあります。 その点から、今の時代はボーナスもあてになりませんので、 住宅ローンにボーナス払いを多くするのは避けた方が無難です。 もし、住宅ローンを滞納してしまうとデメリットが多すぎます。 滞納から1〜3カ月であれば競売などのリスクは少ないですが、 それ以上、滞納をすると競売になる可能性がどんどん高まっていきます。 早めに金融機関に今後の返済について相談する必要があります。