もしものときには

2つのマンション

住宅ローンをもし滞納した場合は、どのようなことになるのでしょうか。これは、たとえばクレジットカードの返済が遅れた場合などと似ていますが、住宅ローンは金額も大きいので、色々デメリットも出て来ます。 まず3か月くらいまでの滞納であれば、まだ督促状が来る程度ですので、利用した金融機関に出向いて、返済計画を見直すようにしましょう。それ以上滞納を続けると、信用情報にブラック情報が、その後5年間登録されます。また代位弁済通知書が送付されます。これは保証会社が、代わって住宅ローンを一括返済したということを意味します。とはいっても、これで借金が清算できたわけではなく、今度は保証会社が取立てを行うようになり、さらに半年以上滞納が続くと、家を競売にかけるための競売開始決定通知書が届きます。

家を競売にかけると、近所にもそのことがわかり、また、最終的に強制退去を命じられることになりますので、それを避ける意味でも、まず任意売却の道を選ぶようにしましょう。 この任意売却は、一般的な不動産の価格で家を売却するシステムです。競売にかけられると、一般的な価格よりもさらに安い金額でしか売れません。そうなる前に一般的な価格で売却した方が、その分債務額も少なくなり、転居の費用も出せるわけです。では、任意売却をする場合はどうすればいいのでしょうか。その時は任意売却に強い弁護士か司法書士、または専門業者に依頼して交渉してもらいます。これも競売の入札が始まるまでに、早めに依頼しましょう。また、住宅ローンは、自分で返済できそうな分を借り入れ、返済できない場合はすぐに金融機関に相談をするのがいいでしょう。