ローンの組み方

打ち合わせする男女

家を購入する場合は、まず住宅ローンを組むことになります。しかしその住宅ローンを滞納し、払えなくなってしまった場合は、どのようにするといいのでしょうか。その時は任意売却がお勧めです。この任意売却は、通常の不動産とほぼ同じ価格で売却が出来、しかも債権者とある程度交渉が出来るので、転居などの資金を手元に残すことも出来ますし、支援があればその家に住み続けることも出来ます。 任意売却の依頼は、専門の弁護士または司法書士に頼むのがいいでしょう。相場としては、着手金と成功報酬とで、それぞれ10万円から30万円くらいです。また、専門業者に頼むという方法もあります。専門業者の場合は、売却代金から報酬を得るシステムですので、基本的に無料です。この任意売却を行わない場合は、競売にかけられることになります。

この競売とはどのようなものでしょうか。住宅ローンを滞納して数か月たつと、代位弁済通知書が送られて来ます。これは保証会社がその人の代わりに、金融機関にローンを一括返済したということです。しかし今度は保証会社から督促が来るようになり、それでも滞納が続く場合は、自動的に競売の入札が始まります。任意売却とは違って、通常価格よりも安く売却され、手元に資金も殆ど残りません。このため、住宅ローンを滞納するようになった時点で、任意売却を考えるのがお勧めです。 もともと任意売却は、資産として不動産を買ったものの、元本によって不良債権化し、お金を回収できなくなった金融機関の救済策として広まったものです。その後住宅ローン滞納の際に、効率よく家を売る手段として、広く知られるようになっています。